browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

豊かさを感じる高級注文住宅

豊かさを感じる高級注文住宅

高級注文住宅を建てるためには、第一に設計が重要なポイントとなってきます。

依頼主には資金的余裕のある場合が多く、自由設計のプランになることが多いようです。

自由設計というプランには2種類あり、あらかじめある程度決められたプランの中から選びアレンジを加えるアレンジ型と、完全に自由な状態から設計するフリー型があります。

依頼主の要望や思い入れが強い場合は、実績例やデザイナーの経験を元に、フリー型にする場合が良いようです。

フリー型にした際には、依頼主にも高級注文住宅に関しての知識が必要になってきます。

デザイナーに要望を実現してもらうために、その要望が可能かどうか、ということを依頼主が判断するためです。

良い家ができるかどうかは、この判断によって違ってくると言います。

高級注文住宅には美しさがあり、高品質であることの充実感や、こだわりの実現による満足感などがあります。

そしてこの満足感を、子孫へ受け継ぐことができます。

高級注文住宅ならではの醍醐味と言えますね。

高級注文住宅と言うと、鉄筋コンクリート製をイメージしますが、木造住宅も多いと言います。

日本古来の銘木であるあるヒノキやケヤキを使用し、和の雰囲気溢れる家を提供しているところがあります。

従来工法により建てられた住宅は、数寄屋造りのような和の住まいにこだわりのある人に好まれているようです。

外観や構造は、伝統的な美しさを追求した作りになっていますが、室内の空間は現代の生活に調和した作りになっています。

また、特殊な工法を使用し、断熱性や気密性に優れた構造になっています。

そして、室内の空気循環も良く、快適な生活を送ることができる様になっています。

また、省エネルギーに対応した工法を取り入れており、温度差のない空間を作り出しています。

そのため、一般の住宅と比べ光熱費を三分の一まで抑えることに成功しています。

また伝統のある木造建築の技術を駆使し、伝統と現代とを融合させた高級注文住宅を提供しているところもあります。

依頼主の様々な要望に応え、また最善の設計になるように手を尽くし、そして職人の技術の向上にも力を入れていると言います。


© 2017 高級注文住宅を建てるために知っておきたいこと